1千万円の稼ぎ方!!         ネットでお小遣い~1千万円を稼ぐ事が出来ることを証明!!
   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
xfile34
お金持ちになるために何をしたらいいのか?
一般にはビジネスをはじめることを思いつくだろう。
ただ、個人がいきなりビジネスをはじめようとしても、 「資金が無い」 この問題にぶちあたるはずだ。
なので、ビジネスで成功した成功者の本を読んで見ても、 「刺激は受けるが、自分に当てはめようとしても当てはまらない」 そんなケースが多いだろう。
もしくは 「時間が無い」 そういう人もいるかもしれない。
では、そんな人達にとって一番いい方法は・・・ インターネットを使うことです
現在はブロードバンド化が進み高速常時接続が当たり前となっている。
しかも、料金は定額と思うので、存分に使っても料金は毎月同じです。
これほど、使えるアイテムは他に無いでしょう。
昔はダイアルアップでモデムが繋がるまで時間かかったし、 繋いでる時間によって料金が決まってたので、大変でした。
店舗型ビジネスは初期投資が必要なことからもわかるように金銭的なリスクが多いです
以前に店舗の立ち上げから閉店まで関わったのですが ○千万円もの赤字を抱えてしましました それに対して、ほとんどノーリスクで参入できるネットビジネスは 収入を得る一番の近道になるわけです。
2003年の秋以降、「オンラインショッピング」が爆発の兆しを見せています。
例えば「楽天」の連結売上高は 1998年、1999年にはほとんどなかったのにもかかわらず、 2000年にいきなり35億2500万円を記録 その後2001年には67億8000万円 2002年には98億9400万円と脅威的な伸びを示しているのです。
これは現在でも上昇の傾向にあります。
それだけ、ネットで買い物をするのは当たり前になったというわけです。
俺なんかも実際に、買い物のほとんどをネットで済ませています
欲しいものをネットで探してみて、見つけると ヤフーオークションに出品されていないかチェックするし、 その後、価格コムなどで、最安値を調べる。 本などは、自分で買いに行かずにアマゾンでほとんど済ませている
手数料がかかるようならセブンアンドワイを使ったりしてなるべく安く抑えます
これらの手順は昔はネットに詳しい人の行動だったかもしれないけど、 今では誰もが行う普通の行動パターンです
逆に知らないと損してしまいます それだけ、ネットで買う人が増えているということだ ながながと前置きしてみたけど、 ここから本題 インターネットを用いれば、実際の店舗を持たなくても、ネット上に自分のサイトを 簡単に持つことができます。
実際に店を構えるとなると、テナント料、仕入れ、在庫、人件費と初期投資がかなり必要となるが、 ネット上のサイトなら無料で始めることが可能です。
現実の店を持つよりも手軽に始められてチャンスはあります これを活かさない手はないでしょう では、インターネットを使って何をすればいいのか? モノを売る ネット上でモノを売れば仕入れ、在庫管理、発送業務なども不要で 商品を紹介して買ってもらえばいいやり方があります
俺がやっている簡単な一例をあげます 「電脳卸」を知っているだろうか? ここは自分のサイトで商品を紹介して売ることにより、売れた分だけ報酬が入るのである 属にいう「アフェリエイトシステム」なのだが、 (アフェリエイトに関して詳しくは収入編10万円コースを参照してください)
特徴はその報酬額の高さである。通常アフェリエイトによる報酬は数%なのに対して、 電脳卸では最大45%以上と高額である。
つまり割がイイのである!
「A8.ネット」と提携すると自動承認される「楽天市場」では紹介商品購入額の1%が報酬なので、いかに電脳卸の報酬が高額なのがわかるだろう。
ただ、楽天市場は商品数が多い分、足りない商品を補うなどの使い方があるです
電脳卸の商品を扱いながら、足りない部分を楽天市場の商品で補って紹介するのがいいでしょう。
電脳卸で扱っている商品は大手の商品をあまり扱っていません。
どちらかというと、 個性的な商品が多いです。
その辺が弱点?いやいや、逆に個性的な商品が多い分、 ニッチ(隙間)な商品を扱い、自分のサイトにマッチした商品を紹介していけばいいのでは?
話題の「ヌーブラ」なんかも電脳卸では扱っています
自分が男だからヌーブラなんて扱えない・・・ そんな風に思ってる方! 俺も参考にさせてもらった 1から教えるホームページ副収入サイト内のコーナーには男が紹介するヌーブラ なるものがあるのです。
管理人さんが奥さんのヌーブラをつけてレビューしている面白いサイトでしょ。 ねっ、逆転の発想でこういうのもありでしょ。
と、モノを売る流れを書いてみたけど、 「電脳卸」などを試みれば、お金持ちになれるのか? というとそうは思えない。
紹介してるくせになんだよ! ってツッコミ入るかもしれませんが。。。(笑)
だって、 アフェリエイトで成功している人はほんの一握りだろうし、 なかなか収入を得るのも大変なのである。
では、小遣い程度を超えて お金持ちになるには?
ネットで利益率のいいものを売る
これに限るだろう。
利益率のいいものって? それは・・・・ ・・・自分のノウハウを売る これに限るでしょう。
自分の経験なら、誰にもマネできないものですから。
自分のノウハウを売る 売る商品は何もモノだけではありません。
情報だって立派な商品になるのです。
現在ネット上で紹介されている商品で最も利益率がいいいのはこの手の商品でしょう。
自分の経験はオリジナルの商品になるんです。
いわゆる、オンリーワンの世界です。
自分ではたいして価値がない情報と思っていても、 欲しい人にとってはとても価値のある情報の場合もあります。
有名な「Webノウハウ ラーニングコース」 「いたずらマーケティング」 など高額で販売されている情報などはこの部類が多いのです。
俺も買いました(笑) 経験じゃなくても、自分の得意分野で勝負してもよいでしょう。
あなたの趣味・特技はなんですか?
いきなり言われても戸惑うかもしれません。
では次のように考えてみては?
あなたが周りの10人に勝てるものはなんですか?
あなたが周りの100人に勝てる部分はありますか?
10人に勝てる分野があればそれが趣味では?
100人に勝てるものがあればそれは特技と言えるでしょう。
もし、自分は1000人に勝てるものを持っているなら?
そりゃその道のプロとして食っていけるでしょう(笑)
自分には人に売るような経験、ノウハウが無い そういって諦める人、ちょっと待ってください。
億万長者のジョー・クマーは お金持ちになった人にアンケートをだして その成功法則をまとめてお金持ちになりました。
そのアンケートとは・・・ 「こんにちは、○○様、 あなたは突然、全財産と地位も名誉も失ってしまいました。
残っているのは自分のマーケティングのノウハウのみです。
請求書が山積みで、毎日催促の電話が絶えません。
ただ1ヶ月間、電話とインターネットを使うことができるだけです。
今までのビッグネームもなければ、提携パートナーもいません。 マーケティングの経験がある以外は、ただの無名の初心者です。
そんな自分を救うために、これから30日間、あなたは何をしますか?」
というものです。
これらを世界の億万長者に投げかけて回答をまとめて、 売り出して、大成功を収めたのです。
つまり自分のノウハウではなく、人のノウハウで儲けたわけです!
これに関しては日本でも「世界の成功者が明かす! 
30日で億万長者になる方法」 としてまとめたものが翻訳もされています。
監修のヒグチケンゴ氏のサイトでは実際にレポート 「30 Days to Internet Marketing Success」 が購入できますが(ただし英語なのね!) 英語が苦手な俺みたいな人でも 日本語の無料サンプル版が手に入ります(笑)
あなたはこのアイデアをどう感じますか?
視点を変えれば、こうやって売るものは見つかるのではないでしょうか?
さぁて、あなたは何を売りたいですか?
まず、第1歩を踏み出すことが、金持ちの道筋ですよ。
メルマガ発行 メルマガ(メールマガジン)知っているでしょう。
メールマガジンとは メール形式発行される新聞、雑誌のようなものだ。
自分の欲しい情報があれば購読してみればいいでしょう。
まぐまぐ、メルマなどが有名ですね。
購読、発行、ともに無料である。
メルマガで収入の手段になるには メルマガの発行をして、多数の読者を獲得して、広告費をもらう そういう流れが生まれたときである。
「フリーター!!から億万長者へ!?インターネット金策冒険家エイジの小さな旅」 では実際にメルマガを出すことから始めて ついには本の出版にたどり着いたノンフィクションの物語である。
時給800円の生活からお金持ちを夢見て、メルマガ発行 「金策冒険家エイジの億万長者への路」というメルマガを出すことから始めて、 アフェリエイトシステムを申し込む流れが書いてある。
途中の試行錯誤しながらの部分は、自分がメルマガを作りだした場合に出会う事柄だろう じゃあメルマガを出せばいいのか?という話になるが、 メルマガでも魅力がなければ、人はついてこない。
得する内容でなければ読者は離れていく。
たくさんの人の目に触れることにより、広告収入が期待できるので、 内容がしっかりしていないとメルマガからの収入は無理である。
もちろん、メルマガについてのコツもあるけど、 ここでは方向が違うのであえて触れないでおく。
ただ、メルマガは直接収入を期待できるツールだけでなく、 見込み客をひきつける という大切な役割も担うので、その点覚えておきましょう
この本を読んでみて、役に立ったのは 無料でタグチェックをしてくれるサイトを教えてくれたことかな。
自分のサイトを持っている人なら試してみましょう。
ブログ ブログは簡単に作成、更新できるサービスなので、誰もが、参加しやすい。
特に初心者ならホームページのサイトを持っていなくても収入源になる アフェリエイトが使用可能なブログに手軽に参加できます。
商用利用できるブログサイト(無料)というと、   アフェリエイトOKのブログ JUGEM livedoor Blogmelma! Blog>チャンネル北国tvはてなダイアリー楽天広場 >などがあります(2004年8月現在)
他のブログでもアフェリエイトが使用可能のところ、使用可能に規約が変更になったところもあるので、 確認してみてください。
ブログは気軽にアフェリエイトできるだけでなく、 もう一つのメリットがあります。 裏の顔? それは・・・ 誰もが願うアクセスアップに繋がる効果です。
まず、ブログは検索サイトで上位に表示されやすい特徴があります。
あとブログが備える「トラックバック機能」によるものです。
トラックバック機能とは書かれている記事に、 関連する内容のリンクを貼る機能なのだが、 自分がみつけたサイトの記事にトラックバック、 つまりリンクを貼ると、リンク先のサイトからも自分のサイトへのリンクが貼られるのだ。
トラックバック機能を使い、人気のブログサイトへリンクを貼ることで 自動的にアクセス数の上がるサイトが作れることになります。
また、このトラックバック機能はgoogleをはじめとする 検索エンジン対策としても非常に有効なのです。
googleでは他のサイトからのリンク数が多いサイトを検索結果の上位に表示します。
またgoogleではgoogle自身が重要だと位置づけるサイトから リンクされているサイトも重要だと認識するようになっています。
従って、人気サイトからリンクされればそれだけで検索結果が有利となるのです。
つまり、googleで上位にヒットするブログを作り、 ブログから自分のサイトにリンクすればアクセスアップに繋がることでしょう。
そこで紹介するモノ、ノウハウを売る流れを作り出すこと これがリスクが低く、手っ取り早くお金持ちになる方法だと思う。 複数サイトを立ち上げる 1つのサイトで収入を得る流れが出来たとしたら、 そのサイトをガンガン更新してさらに魅力的なサイトにするのも当然だが、 2つ目のサイトを作ってみよう。
1つのサイトで1万円を得られる流れを作ったなら 10サイト作れば10万円である。
サイトを製作するのに1人ひとつなんてルールはないのである。
どんどん立ち上げるのも収入増のひとつである。
やってみるとわかるけど、 2つ目のサイトは要領がわかっているおかげで サイト製作にかかる時間が相当短縮できるのだ。
俺なんかも2つ目のサイト作って驚いたのは、そっちの方が、 時間もデザインも良くなってる気もするし・・・ 全自動化への道 これは夢の世界ですけど。
一応簡単に書いておきます。
こうなるまでには、まず商品を売るシステムを構築するなど、 いくつもの課題がありますけど、 そんな課題を見事乗り越えた人に最適な方法でしょう。 その流れですけど、
             ホームページで商品の注文を受ける。
          ↓ 注文メールをふりわける (オートステップメール)を使う
          ↓ 事務代行業者に「梱包・宛名書き」をしてもらう
          ↓ 料金代引きサービスで集金をしてもらう
これら一連の流れを作り出すことにより、 何もしないで収入を得るということです。
もちろん、これは売れる材料があることが前提ですから、 本当になにもしないでという意味ではないからね。
そのあたりに関して「何もしないで月50万円!幸せにプチリタイヤする方法」 では、ネットで商売をして、それを自動化した体験記が載っております。 この辺は自分がそうなることができたら!?
詳しく書くことにしますわ。 今、書いても説得力ないしね(笑) そんなわけで、お金持ちへの方法実践の情報でした。
お役に立ちましたでしょうか?
自分もいろいろ調べて、実践していきまして、 さらに、このページを充実させていきたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://money2006.blog22.fc2.com/tb.php/75-bf7cf459
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。